高校入試範囲が縮小!?

この記事は約1分で読めます。

こんにちは。

大阪市西区花乃井の個別指導塾 ニコニコ個別塾の西岡です。

 

本日、(大阪の塾関係者にとって)衝撃的なニュースがありました。

大阪府立高入試、出題範囲1~2割縮小へ(朝日新聞) 5教科全てで

(以下引用)来春の大阪府内の公立高校入試について、府教育委員会が、5教科すべての出題範囲を1、2割程度少なくする方針を固めたことがわかった。

夏期講習の計画を立てる前で良かった(笑)

 

おそらくですが、

英語…関係代名詞、数学…三平方の定理、理科…天体、社会…経済

がカットになるのかな??

 

…となると、中3生はこの夏は

予習よりも、1・2年生の復習中心に学習を進めるべき

かと思います。(1・2年範囲の出題率が増すため)

(カリキュラムがちがちの大手塾さんは対応大変そう…)

 

個人的には、

入試範囲の縮小=子ども全体の学力の低下

だと考えており、今回の決定には疑問が残っているのも事実です。

しかし、塾の本分は生徒を合格させること。

決定したことには従い、生徒の偏差値向上に努めるのみです。

 

とにかくイレギュラーが多い今年度の入試。

当塾では、常に最新情報に気をつけて指導をしていきます。

トップへ戻る